関税について

(*最終更新日:2017/06/08)

日本から海外へ輸送される荷物の関税


■ 関税とは

■ 関税率を調べる

 ・HSコードの調べ方

 ・カナダの関税率を調べてみよう

■ 各国の関税情報

line

■ 関税とは

貨物が国境を通過する際に課せられる税金のことです。
国際貨物のほとんどは、受け入れ国政府によって関税およびその他税金制度が適用されます。
関税率は各国の法に基づいて決定され、「貨物を輸入する者」には納税の義務があります。
 
基本的な計算方法は、このようになります。↓

CIF価格(商品代金+送料+手数料+保険料)× 関税率 = 関税額
 


関税は、最終的には現地税関の判断によって決定されるので、
物品の関税については現地税関に直接確認することをお勧めします。


 

関税についてもっと知りたい方は、以下のサイトをご覧ください。
  □ 税関「関税のしくみ」
  □ JETRO「世界各国の関税率を調べるには」

 

■ 関税率を調べる


Fedex社が運営している関税データベース「World Tariff」では、世界175カ国の関税率が検索できます。MFN税率(WTO協定税率)の他に、GSP(特恵税率)の税率も収録されています。また、輸入時にかかる諸税(付加価値税・売上税・酒税など国により様々)も調べることができます。

JETRO経由でユーザー登録すれば、日本国内居住者は無料で利用できます。
が、海外居住者は有料(US$7)です…。「有料のWorld Tariff 登録画面

…というわけで、ここでは、別の方法で「関税率」を調べます。。


 
 

– – -《 関税率を調べる方法 》- – –

(1) 物品のHSコードを調べる。

(2)そのHSコードを元に、輸入国の関税率表で関税率を調べる。

HSコード(Tariffコードとも言う)とは・・・
国際間の貿易において、それが何であるかを示すためにつけられた世界各国共通の「物品固有の番号」。6桁までは世界共通の番号ですが、国によっては10桁まであることもあります。
世界税関機構(WCO)が管理していて、5年ごとに見直され改定されます。
※ アメリカではHTSコード、ヨーロッパではCNコードが用いられています。


 

HSコードの調べ方

(※ 以下、画像をクリックすると大きな画像が表示されます)

(1)財務省貿易統計の「輸入統計品目表(実行関税率表)」のページへ行き、最新の「実行関税率表」をクリックします。
今回は(2017年5月16日版)です。

関税を調べる

 

(2)「財務省の実行関税率表(2017年5月16日版)」が開きました。
各物品種類の右端に、それぞれの「税率」へのリンクがあります。

関税の調べ方

 

(3)「テニスボール」のHSコードを調べてみましょう。
ページを下へスクロールすると「第20部 雑品」の「第95類」に『がん具、遊戯用具及び運動用具並びにこれらの部分品及び附属品』とあります。その右端の『税率』クリックします。

関税を調べる

※ この「第95類」の「95」は物品の「類番号」で、6桁のHSコードの最初の2つの数字となります。

 

(4)開いたページで、ブラウザの検索機能を使い「テニスボール」を検索します。
中程より少し下に「テニスボール」があり、左側に『9506.61』記載されています。
これが「テニスボール」のHSコードです。

関税を調べる

 
 
次は、このHSコードを用いてカナダでの「テニスボール」の関税率を調べてみましょう。

neko
▲ TOPへ      


☆カナダでのテニスボールの関税率を調べる
(1)カナダの「Customs Tariff」のページの開き、上部メニュー内の「Import Commercial Goods」をクリックする

関税率を調べる

 

(2)続いて『Customs Tariff (HS Codes and Rates of Duty)』をクリック。

関税を調べる

 

(3)さらに次のページで『Customs Tariff – 2017』をクリックします。

関税を調べる

 

(4)2017年の「Customs Tariff – 2017」のページが開くので「Customs Tariff by Chapter」をクリックする。

関税を調べる

 

(5)すると「Chapter-by-Chapter」のページが開くので・・

関税を調べる

 

(6)下方の『Chapter 95』までスクロールして、右側の『HTML』(またはPDF)をクリックする。

関税を調べる

 

(7)「Chapter 95」のページが開きます。

関税を調べる

 

(8)下の『Customs Tariff Schedule』というところまでスクロールして、右上の検索ボックスにテニスボールのHSコード「9506.61」を記入します。

関税を調べる

 

テニスボールのHSコードの欄が表示され、右側に「Free」と記載されています。
関税は無料だということがわかりました。(^^)

関税を調べる

neko
▲ TOPへ      


■ 各国の関税率情報

アメリカとEU加盟国は以下のリンクで関税率を調べることができます。
その他各国については、JETROの「世界の関税情報源リンク集」をご覧ください。
各国の税関・関税管轄省庁のウェブサイトと関連ページが詳しく紹介されています。

□ アメリカ:Harmonized Tariff Schedule

□ EU加盟国:TARIC Consultation

*アメリカでは、HSコードではなくHTSコードが用いられていますが、実際にはHSコードとほぼ同じです。6桁のHSコードを「.(コンマ)」抜きで入力し検索してください。(例「950661」)

*EUでは、8桁のCNコードTARICコード)が用いられていますが、アメリカ同様6桁まではHSコードと同じです。検索窓にHSコードを入力し(例「950661」)右横の「原産国」を選んで検索します。

neko
▲ TOPへ戻る ▲     

◇ 関連記事(カテゴリー:知っトク情報)◇
- - -《広告》- - -
2013/07/14 | 知っトク情報