マスクの種類・使い方・選び方..等々

大気汚染や花粉から身を守るためのマスクや保護メガネ。
その種類や選び方、使い方などをまとめました。

 
マスクとメガネ

○ 家庭用マスクの種類

○ マスクの正しい使い方

○ マスクの選ぶときの注意点

○ マスクのサイズのはかり方

○ 家でも簡単にできる☆性能チェック


line

 


※ ここでは「家庭用マスク」についてのみ取り上げます。
   が、マスクには、他にも、主に医療行為を行う場合に使用される「医療用(サージカル)マスク」、
   工場などで作業を行う時の防塵対策に使用される「産業用マスク」があります。


 

○ 家庭用マスクの種類

家庭用マスク」は、インフルエンザやカゼ、花粉対策、防寒などの目的で日常的に使用されているマスクです。素材や形状、サイズも豊富で、フィルター性能と通気性のバランスもよく、長時間快適に使用できます。
家庭用マスクには「不織布(ふしょくふ)マスク」と「ガーゼマスク」とがあります。
 

 ☆ 不織布マスク

 ○ 概要

繊維を織らずに、熱、機械的、または化学的手段で絡み合わせて布にしたもの。粒子の捕集性や、通気にも優れている。新型インフルエンザ対策として、厚生労働省が推奨している。プリーツ型(フラット型)立体型があり、単純な構造のものから高性能なものまで幅広くある。

 

 ○ プリーツ型の特徴

・圧迫感なくフィットする

・口の動きにも柔軟に対応

・呼吸が楽

・着用法が正しくないと隙間ができる

 

 ○ 立体型の特徴

・隙間なくフィットする

・口元に余裕があり呼吸が楽

 ☆ ガーゼマスク

 ○ 概要

綿織物を重ね合わせたもので、家庭用マスクとして古くから使われている。保湿性や保温性が高い。
粒子の捕集性や飛散防止といった機能に加え、乾燥からノドを守るのにも役立つ。中に特殊なフィルタを縫いこんで、花粉粒子状物質を防ぐものもある。

 

 ○ ガーゼマスクの特徴

・通気性がよい

・保湿性、保温性が高い

・乾燥から喉を守る

・防塵性能は低い

 
 

○ マスクの正しい使い方

マスクの正しい使い方・ノーズフィッターを鼻に合わせ、隙間が生じないようする。
・プリーツ部分を広げ、あごまでしっかり覆う。
・マスクの両脇を押さえ、肌に密着させる。
・鼻もしっかり覆う


・マスク表面にはウィルスが付着していることが考えられます。
・使用中、マスクの表面にはなるべく触れないように、また、使い終わったときにも、表面に触らずにビニール袋に入れ、さらに、ビニール袋の口を閉じて廃棄しましょう。

 
 

○ マスクの選ぶときの注意点

・自分の顔のサイズや形にあっているものを選ぶ。
・パッケージの表示をよく確認する。

・フィルター部分の捕集効率の数値。
・また、その数値について根拠となる試験方法や試験機関が表示されているか。
・さらに、その表記は99%までであること。

neko
▲ TOPへ      


 

○ マスクのサイズのはかり方

(1)親指と人差し指でL字形を作る。
マスクのサイズ

 
(2)L字形にした手の親指の先を耳の付け根の一番高いところ
人差し指の先は鼻の付け根から1cm下のところに当てます。
マスクのサイズマスクのサイズ

 
(3)親指から人差し指までの長さがサイズの目安になります。
マスクのサイズ
 
 
【サイズの目安】
    ・12.5cm 以下:子供用サイズ
    ・12.5〜15.5cm:小さめサイズ
    ・14.5〜17.5cm:レギュラーサイズ

neko
▲ TOPへ      


 

○ 家でも簡単にできる☆マスクの性能チェック


  ※ 簡単..と書きましたが、喫煙を好まない方にはムリかもしれません。。ご了承ください。


 

□ 性能チェック(その1)□

マスクの性能実験

○ 用意するもの

マスクと喫煙者

○ 方法

吸い込んだタバコの煙を、マスクに強く吹きかける。

○ 結果

マスクの外側のフィルターに「ヤニ」が付着していれば、マスクのフィルターがしっかりしているということです。外側と内側のフィルターの間に挟まれている層のフィルターにも「ヤニ」がしっかり捕集されます。
マスクに「ヤニ」のような色が付いたら、そのマスクは煙の粒子をきちんと捕集していると言えます。

逆に、全く何の色もないようであれば、フィルターがきちんと機能していないマスクであるということです。


タバコの主流煙の平均粒子の大きさは0.2〜0.3μm(マイクロメートル:千分の一ミリ)です。 マスクの試験機関では、約3μmのブドウ状球菌が使用されており、これは、タバコの主流煙の約10倍ほどです。


□ 性能チェック(その2)□

マスクの性能実験

○ 用意するもの

マスク

○ 方法

マスクをやぶってみて中のフィルターを見てみる。

○ 結果

外側に付いているフィルターよりも、さらに細かな、目では網目の穴が見えないくらいフィルターであれば、不織布が使用されているものといえます。
(※ 中にはティッシュが入っているだけの物もあるそうです)


neko
▲ TOPへ戻る ▲     

◇ 関連記事(カテゴリー:未分類)◇
2014/09/09 | 未分類