海外転送サービス【体験記】

(*最終更新日:2017/06/06)

 
PCを日本から取り寄せ
海外転送サービスを利用して、
日本のアマゾンで購入したパソコンを取り寄せました。
(2013年5月)

パソコンが壊れました…。
Macintoshのパソコンであれば、海外で購入しても日本語で使用できます。
が、海外発送サービス料を払い、さらにアプリケーションソフトを加えてもまだ、日本で買う方がお得です。(このあと、急に円が下がり慌てることになるのですが・・・)
今回は、買物代行手数料は節約、自分で購入して、海外発送サービスだけを利用することにしました。

 


○ 購入商品:パソコン「価格92,800円(送料込み) /  重さ4.2kg」

○ 利用したサービス会社:セレンディ

○ 利用したサービス:「海外発送サービス」

○ 支払い総額:101,914円(実費=98,300円・手数料=3,614円)

– – -《内訳》- – –

商品代金 92,800円 送料込み
発送料金 5,500円 EMS
発送サービス手数料 980円 0〜5kgまでは980円
オプション手数料 2,000円 当時はリチウムイオン電池の取り扱い郵便局が限られていたため、持ち込み手数料
運送保険料 200円 内容品の価格92,800円の賠償保険
PayPal決済手数料 434円 基本料金×5%*
合計 101,914円 実費=98,300円・手数料=3,614円

(※ ペイパルの決済手数料は2013年7月に、5%から3.24%に引き下げになりました)


 
再び、セレンディを選んだ理由は・・・

前回、キャットタワーを取り寄せたときの対応に満足していたからです。
こういうブログを作るのなら、別のサービスを試してみるべき..とも思いましたが、、パソコンという精密機械ゆえ、多少なりとも信頼のおけるところを利用したいと思いました。

neko
▲ TOPへ      

■ サービス利用の流れ

海外転送サービス体験01

(5月9日)まず、パソコンの海外発送についての安全性や、リチウム電池について、セレンディにメールを送り、問い合わせてみました。

○ 回答は、以下のようなものでした。

・購入ショップに海外発送することを伝え、梱包補強を依頼するように。
・それでも、明らかに梱包が不十分な場合は、出来る限りの補強はしてくれる。
・発送の際にはEMSの損害賠償制度を利用する。
・過去に多くのパソコン発送したが、国際郵便の補償制度を利用したケースはない。
・リチウムイオン電池を取り扱いできる郵便局への『窓口持参手数料2,000円』がかかる。
(※ 2013年8月以降は、全国の郵便局で取り扱いできるようになりました)

 
海外転送サービス体験02

(5月10日)購入する予定のショップに、梱包補強が可能かどうか問い合わせる。
半日待たずして返信あり。パソコンはメーカーから出荷時の段階で製品の外箱にもう1つ段ボールで梱包されている状態で、かなり頑丈である。
が、さらなる補強を希望するなら対応してくれるとのこと♪

 
海外転送サービス体験03

(5月10日)早速、セレンディの「海外発送代行サービス」を申し込む。
「海外発送代行予約フォーム」に「氏名」「メールアドレス」「商品の詳細」の他、「住所」や「荷物配送先住所」も記入して送信する。

 
海外転送サービス体験04

すぐに、申し込み受付の自動配信メールを受け取る。
メールには、商品購入する際の「届け先住所」が記載されている。

 
海外転送サービス体験05

(5月11日)Amazonにて、予定の商品の購入手続きを行う。

が、、、ここで、問題発生!!

2〜3週間ほどもほぼ変化のなかった商品(8個あった)が、バタバタと売れ、なんと品切れ状態に…。先延ばしにしては、品物がなくなりそうな気がしたので、結局、問い合わせをしておいたところではなく、別のショップで、予定より高価なものを購入。
梱包補強への問い合わせには『受け付けられないが、十分に頑丈な梱包である』との回答をもらう。セレンディには、商品価格が変わったことも含め連絡する。

 
海外転送サービス体験06

(5月13日)セレンディから「荷物到着」と「海外発送代行手数料の請求」についてのメールを受け取る。梱包については、外面に段ボールを補強し、割れ物扱いシールを貼付してくれたとのこと。PayPal経由の請求書も同時に届き、料金を支払う。
(ペイパルでの支払い方法はこちらをご覧ください→「ぺイパルについて」)

 

************************* 料金明細 *************************
●発送箱数:1個
●合計重量:4.2kg
—————————————————————-
【基本料金】
□発送サービス手数料 980円
□オプション手数料(持ち込み手数料) 2,000円
□発送料金(EMS):5500円
□運送保険料 200円
  ※内容品の価格が92,800円の補償
—————————————————————-
□PayPal決済手数料(基本料金×5%) 434円
—————————————————————-

■お支払い総額 9114円

****************************************************************

 
海外転送サービス体験07

(5月14日)、セレンディより料金の受け取りと荷物発送手続き完了のメールが届く。メールには、「EMSの荷物追跡のための問い合わせ番号」と共に「日本郵便の荷物追跡ページ」へのリンクもあり、また、発送荷物の写真も添付されている。

 
海外転送サービス体験08

(5月16日)荷物無事到着♪
EMSを利用したこともあり、今回は2日で届きました。

neko
▲ TOPへ      

– – -《感想》- – –

購入予定の商品がなくなるという、まさかの展開に焦りました。(おそらく、その頃の突然の為替レートの変動のせいではないかと思います)
結局、予定していたものより高いものを梱包強化なしで買うはめになりましたが、届いた荷物は外側に段ボールが補強されており、また、元々の梱包も二重構造の頑丈なものだったので、パソコン本体には何の問題もありませんでした。

当初の予定より多少出費は増えましたが、それでもまだ日本で購入した方が安くつき、正解だったと思います。セレンディの対応は、今回も迅速、且つ、丁寧で、段ボールでの補強に対しての手数料は請求されませんでした。(感謝!)

この後も、他のサービスを試すことはなく、セレンディを利用しています。(^^;)

 

neko
▲ TOPへ戻る ▲     

◇ 関連記事(カテゴリー:あんない)◇
- - -《広告》- - -
2013/07/28 | あんない